スリッパを噛むイタズラが直らない

  • HOME > 我が家の犬のしつけ経験談 > お利口なのにスリッパを噛むイタズラは直らない

お利口なのにスリッパを噛むイタズラは直らない

 室内犬で基本のトイレや、お手・待てなどの学習はスムーズに覚えたけど、スリッパを噛むイタズラに悪戦苦闘しているトイプードルの空君のしつけについて教えて頂きました。

トイプードルのそら君

 我が家の愛犬についてご紹介します。現在8歳になるトイプードルの空です。
 黒目のクリクリしたレッドの毛並みの男の子です。

 本当にトイプードル??と思うほど伸び伸びと育ち、5.7kgと重量感たっぷりに育ちました。好物はジャーキーとお芋です。
 内弁慶で甘えん坊、人見知り・犬見知りな子ですが、少しずつ他のわんちゃんとも挨拶ができるようになりました。

 しつけについてですが、トイプードルは学習能力の高い犬種とのことで、正直そこまで手を焼かずに済んだように思います。

 トイレやお手、待てなど基本的なしつけは、失敗したときには怒らずに「今度は頑張ろうね。」と声をかけ、成功したときには少し大げさに「よくできたね。えらい!」と目を見て褒めるようにしました。どうしてもうまくできない場合にはおやつをちらつかせつつ、覚えさせていきました。

 ただ、どうしてもスリッパを噛むイタズラは直らず、今も悪戦苦闘中です。
 テレビで、犬ではなくスリッパを怒ると噛み癖が直るという方法を知り、試してみました。残念ながら、うちの子には逆効果で、余計に興奮してしまいました。やはり、その子の性格にもよるようです。

 どうしてもイタズラが収まらない場合には、怒鳴らずに無言のままゲージに入れ、無視するようにしたり、噛み癖防止スプレーを使ったりしています。

 また、インターホンの音に反応し大きな声で吼え、お客様を驚かせてしまうことが悩みのタネでした。もしかして怖いから吼えるのかな?と思い、抱きしめて「怖くないから大丈夫だよ。」と声をかけると収まることに気づきました。不安だから怖いから吼える、そのことに気づいてあげられず、少し反省しました。

 一人で留守番させてしまったりと寂しい思いをさせることもありますので、自宅にいる時には、極力スキンシップをとるように心がけています。ブラッシング、ボール遊び、抱っこ、マッサージが好きなので、一緒に楽しみながら行っています。

 これからも、一日でも長く元気で暮らせるように、愛情をもって育てていきたいと思います。

正しいしつけ上手なしつけはこちら!
⇒「正しい犬のしつけ法ならドッグスクールじゃなくても出来た!」記事